医師のバイトの求人は増加傾向にあります!

都道府県の求人は増加傾向

深刻な医師不足の日本になっており、どこの病院も求人を出している状況です。ただし常勤となると、嫌がる医師も多くなり、プライベートの確保をしたい中堅もいることから、なかなか集まらない傾向もあります。そんな状況を打開しようと、病院側も非常勤で働ける医師を求めるようになりました。いわゆるフリーランス医師の確保です。

都会の病院だけに限られている傾向のように感じられますが、意外とすべての都道府県で応募しており、仲介する業者もいることから、医師の希望によって病院を選べる体制が整っています。しかし「なぜバイトで働くのか?」。これを働く側が明確にしなければ、目的を失ってしまうこともあるのが医師のバイトになります。求人側の意向もありますので、それに合致する応募者でなければなりません。

失敗しない応募の仕方

求人にはいろんな特徴があります。外来だけであったり、病棟管理も任せられたり、緊急受付ありといった求人も。例えば外来だけの仕事であれば、働く時間が決まっていますので、プライベートを確保できたり、家庭の時間を大切にすることができるでしょう。そこに病棟管理や緊急外来の受付があるようなケースでは、夜勤もあることになりますので、なかなか厳しい働き方になります。プライベートを確保したいのであれば、応募する求人をよく吟味しましょう。

また若手であれば、これから経験を積む必要があるでしょう。そんなときは積極的に緊急受付がある病院であったり、お年寄りが多い外来であればコミュニケーション能力も身に着けることができますので、叩き上げとしては最適の場所となります。