重要の高い医師バイトの魅力とは?

医師はバイトの方が日当が高い

医師の勤務日数は週6日というケースが多いことは、昔ながらの習慣です。勤務医として週5日勤務を行い、1日は医師としてバイトを行うか大学の研究室で研究に勤しむ人が多い傾向にあります。医師のバイトには、毎週継続して行う定期バイトと完全に欠員を埋めるだけのスポット医師バイトに分けられます。
常勤医として病院に勤務するよりも、バイト医師として勤務に入った方が日当が高いことが一般的です。特定の時期に特定の診療科目の医師が大量に必要となることも珍しくはなく、医師のバイトは需要が高いことで知られています。中には当直專門で医師バイトを引き受ける人もいるので、常勤医が当直拒否をして困っている病院からの依頼が多く寄せられるわけです。

常勤医として勤務する前にバイトで入ってみる

現在勤務している病院に未来永劫勤務を続ける医師は、さほど多くないことはよく知られています。医師としての転職を繰り返しながら、勤務医としてのエキスパートになるか開業医となるかを決めて行くことになりますが、何より医師バイトが一般化しているので、次に常勤医として入る病院をバイトとして入った時に内部の様子を見極めることも可能です。
バイト医師から常勤医へ転職する例はよく見られることですから、病院側としても年度が変わるタイミングを狙って別の病院からの医師補充を考えていることも珍しくありません。病院側からバイト医師に対して常勤医として勤務する際の報酬交渉を打診してくることもあるので、常にバイト医師の需要は高い状態が続いています。